入力作業ない営業管理システム

▲ニュースアプリ「News Pick」を展開するユーザベースにいた技術者が2年前に独立してつくった会社は、
社員もみな若い

4月に設立2年目を迎えたばかりのマツリカ(東京都品川区)が提供するのは、顧客別の訪問・接触履歴や、営業の進展状況をチームで把握するための、営業支援システムだ。特に、社員の入力作業を削減することに力が注がれている。

例えば、顧客に送ったメールはワンクリックで顧客情報にひもづけられる。アポイントが入ったときに顧客の名前をWEBの予定表に書き込めば、後日顧客名で検索したときに社員の訪問履歴を確認することができる。

「苦労して入力しても、本当に必要な情報は限られていることが多いという声が多いので、できるだけ機能をシンプルにしています」と中村岳人氏は話す。また、AI(人工知能)が決算書などの公表情報から同業他社の情報を導き出し、過去成約に至った営業方法を伝えるなどの機能も搭載されている。


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る