体温を届ける仕事をしよう【365文字の編集長コラム】

 
  • 2018/11/10

 自動車事故のように、銃乱射事件を消費してしまう日が来やしないかと不安になる。ロサンゼルスのバーで元海兵隊員の男が銃を乱射し、12人の命が奪われたというニュースだ。帰り支度を済ませて手に取ったスマホに速報が表示されたが、またか、以外の言葉が浮かぶことはなく、その場ですぐに画面を閉じた▼世界中から手のひらに情報が届く。凄惨な事件に思考をめぐらせようとしていたら、すぐに次の事件がやってくる。奪われた命の数にしか関心が向かわない日も、少なからずあるのだ▼産休中の社員が、首が座ったばかりの子を連れて会社を訪ねて来たのは、同じ日の朝のこと。幼子がしゃくりあげた泣き声が、バタバタと慌ただしい事務所の時間を止め、晴れやかなニュースとして胸のあたりに残った。体温を届ける仕事をしようと思ったはずだったが、危ない、もう少しで忘れるところだった。



国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る