野球にささげた青春 最終舞台はプロリーグ

「昔は野球一筋だった」と語るのは、リハビリデイサービス『nagomi』を運営するイー・ライフ・グループ(東京都豊島区)の小川義行社長。高校時代から野球に打ち込み、大学3年生のときに肩を壊して引退。一旦は就職したものの、スカウトに誘われ、打撃投手として日本ハムファイターズへと入団した。プロ期間は長くはなかったものの、「貴重な経験だった」と振り返る。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る