国際ライフスタイル総合EXPO

開催概要
会期:2018年7月4日(水)~6日(金)
会場:東京ビッグサイト
主催:リード エグジビション ジャパン
併催:国際文具・紙製品展 (ISOT)国際雑貨EXPOファッション雑貨EXPOヘルス&ビューティーグッズEXPOテーブル&キッチンウェアEXPOインテリア&家具EXPOベビー&キッズEXPODESIGN TOKYO国際デザイン製品展
出展社数:2440社

ギフト・ショーとの競合展示会

リードエグジビションジャパンが主催する展示会の中で最も古い国際文具・紙製品展(ISOT)を含む8つの同時開催展とあわせ、世界41カ国から2440社が集まる。「ライフスタイル」という分野でくくられる商材が並び、小売・流通業のバイヤーが来場する。海外ブースで目立ったのは、中国各都市が地元企業を取りまとめたパビリオンだ。「OEM供給します」の案内が目立ち、斬新な商品の展示とは言い難かった。

ビジネスガイド社(東京都台東区)が主催する「ギフト・ショー」と真正面から競合する展示会で、双方に出る企業も多い。

国際ライフスタイル総合EXPOどうだったの??
出展社に聞く『今回、どうだった?』
▼▼▼▼▼

店研創意(大阪市)通販事業部【インテリア&家具EXPO】

初見の来場者多い

5回目。店舗用什器(じゅうき)など店舗運営に関連する商品を販売。インテリア性の高い木製什器を展示。毎年、訴求したい商品との関連性を考えながら「ライフスタイル総合EXPO」全体の中でエリアを変える。「JAPANSHOP」「ギフト・ショー」にはなじみのあるバイヤーが多く、本展は、当社を知らない来場者が多い。ただ来場者数は少ないと感じる。


マルサン近藤(岐阜県瑞浪市)【テーブル&キッチンウェアEXPO】

ここで受注するわけではない

5回目。美濃焼の産地での陶器の企画・販売。雑貨店のオーナーがターゲット。この場で受注しようとは考えていない。強みを知ってもらうことが第一。スタッフも多く連れてこられないので、ゆっくり話していると対応しきれない。あいさつとどんな商品に興味を持っていただけたかをリサーチし、その後の営業活動につなげる。今年は個人店のオーナーが多いと感じるが、全体的な来場者は少ない。場所が悪いのだろうか。「ギフト・ショー」「テーブルトップショー」(名古屋)にも出展。


コーヨー化成(静岡市)ウェット事業部【インテリア&家具EXPO】

来場者層幅広い

2回目。「眠気スッキリウェットシート」のパッケージを前面に出し、美容シートなどビューティー関連商品に誘導。昨年「ヘルス&ビューティグッズEXPO」に出展したかったが、締め切られていたため、こちらに回った。来場者層が幅広い。


イシグロ(大阪市)東京支店【国際雑貨EXPO】

普通の小間より目立てた

初出展。通路スペースに乗せたような三角形の島小間は出展申込時にここしか空いていなかったから。人通りは良く、普通の小間より目立てた。ギフト・ショーに出ていたが、同業者からこちらの来場者の質が良いと聞き、試験的に出展。どちらが良いかは、現段階では決められない。


犬飼タオル(愛知県岩倉市)【国際雑貨EXPO】

海外ブース見て引き返す人も

3回目。オリジナルタオルの企画・販売。直接の取引先はディーラーやOEM供給先だが、その先にある消費者ニーズを知るための場。東京でショップオーナーや、使う立場の人と接して情報交換することは、社員の意識向上のためにも重要。この展示会に合わせて新商品を開発している。今年は客が少ない。東7、8ホールが1~6と離れているからだろうか。目の前が海外パビリオンだが、これを見て途中でUターンするお客さんも見受けられるので残念。出展する上で小間の位置は重要。小さな小間ではなかなか希望が通らないが、早く出展申し込みをすると、ある程度は選べるようだ。今回は開催前日の朝一に来て、来年の仮申し込みを済ませた。他は「ファッショングッズトレードショー」に出展。


カール事務器(東京都葛飾区)【ISOT】

文具業界の中心層は減少

ほぼ初期から出展。昨年から小間面積を半分に減らした。ここ数年、常連だった大手出展者も減った。文具業界の中心層の来場も減っている。ISOTとして価値を継続できるのか危機感を感じるし、展示会の歴史を知る者としては寂しさもある。一方、同時開催展の増加により異業種や海外の来場者が訪れ、新しい人に見てもらえるのは良い。


フクシマ化学(岐阜県美濃加茂市)【DESIGN TOKYO 国際デザイン製品展】

商品開発・プロダクトデザインに関わる人が来場

5回目。プラスチック成形技術、水回り品、インテリアのメーカー。樺(かば)の木を素材とした、1本25万円のシャワーヘッドを展示。業種に関係なく、商品開発やデザインに関わる人の来場を期待し、期待通り。地方の中小メーカーが世間に価値を認めてもらうブランディングの場で商談とは思っていない。カメラや音響メーカーの人から「こんなカタチは作れるか」「うちの技術を応用できないか」と聞かれた。「HOTERESJAPAN」にも出展。


カイズコーポレーション(大阪市)【ベビー&キッズEXPO】

期待する層には出会えるが、数は減少

5回目。スウェーデン、カナダ、オーストラリアなど海外メーカーのベビー用品を日本代理店として展開。アパレルや雑貨のショップオーナーへのアピール、取引先との交流が目的。期待する層には出会えるが、数は減っている印象。大阪が本社なので、東京の展示会に出展することは有益。初日の夕方は、取引先を招いてシャンパンでもてなす〝ガーデンパーティ〟を開いた。年々海外からの来場者が増えている。「ギフト・ショー」「プレイタイム東京」に出展していたが、今年は本展に絞っている。

出展者が挙げた競合展示会
東京インターナショナル・ギフト・ショー
9/4~7 @東京ビッグサイト全館 主催:ビジネスガイド社
国際ホテルレストランショー
2019/2/19~20 @東京ビッグサイト東1~7 主催:日本能率協会
ビューティーワールド ジャパン
2019/5/13~15 @東京ビッグサイト西1~4 主催:メッセフランクフルトジャパン
プレイタイム東京
8/21~23 @EBiS303 主催:ピカフロール・ジャパン
名古屋テーブルトップショー
2019/1/16~17 @ポートメッセなごや 主催:名古屋テーブルトップショー運営協議会
JAPAN SHOP
2019/3/5~8@東京ビッグサイト 主催:日本経済新聞社

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る