「コミケ」に異業種からの出展相次ぐ

 
  • 2018/1/10
▲「コミケ」は年2回開催され、毎回50万人超が来場する。

「コミケ」に丸井グループ(東京都中野区)も出展

 日本最大級の同人誌専門展示会「コミックマーケット(コミケ)」に、異業種の出展が相次いでいる。

 丸井グループ(東京都中野区)は今年で5回目となる出展を表明。「マルイノアニメ」ブランドで出展し、「初音ミク」や「ゴジラ」といった関連商品を出品し、アニメ・漫画の愛好家に商品をPRするという。

 過去には本田技研工業や鳥取県などの自治体が出展して話題を集めた「コミケ」だが、スポーツ報知やセブンネットショッピング、JINSなどこれまで出展していなかった異業種企業の継続出展も定着しつつある。「コミケ」開催に合わせてアニメや漫画のキャラクターを用いた限定商品を開発し、愛好家にブランディングを図る狙いがある。

 同展を運営するコミケットの調査によると、同展は海外からの来場者も増加傾向にある。海外来場者は日本人来場者に比べて企業の出展ブースで商品を購入する傾向が強く、企業としては幅広い顧客層に向けてアピールできる場として「コミケ」に参加する意欲が高まっていると言えそうだ。


おすすめの記事
ゲーム、アニメ、映画…コンテンツ産業で産業振興へ

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平
2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る