不純物のないガラス試験管 @JASIS

 
  • 2017/10/12
▲二酸化ケイ素純度が99.9%の試験管

医薬研究室の要請で作製したガラス試験管

 ガラス製品輸入のネクサス(京都市)が、二酸化ケイ素純度が99.9%の試験管とガラス容器を開発したのは、医療業界が薬剤に反応する不純物を排除した試験管を求めていたからだ。通常ガラスの二酸化ケイ素含有率は70~80%で、その他はナトリウムやバリウム、ホウ素の合成成分が含まれる。価格はおおむね、一般的なガラス製の10倍以上するが、創薬メーカーや研究施設などの需要を取り込むため、「JASIS」に出展した。

 創業11年の同社は、5年前から展示会への出展を強化している。「建築・建材展」、照明機材の「ライティング・フェア」、店舗用資材の「JAPAN SHOP」など、対象とする業種も幅広い。来年はアメリカの展示会にも出展する予定だ。

ネクサス(京都市)
岩田 堅司社長

 「今回の商材は医療・医薬系を想定しているが、自分たちでは気付いていない潜在需要があるかもしれないと思いながら出展している」(岩田堅司社長)


おすすめの記事
高まる両替機需要 五輪が追い風 @インバウンド・ジャパン

関連記事

最近の記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る