ビッグサイト会場問題  反対署名7万9000件を都へ提出

 
  • 2017/2/14
▲東京都はオリンピック開催時の東京ビッグサイトの使用期間短縮を検討するという

 東京五輪開催に伴いビッグサイトでの展示会が開けなくなる問題を受け、一般社団法人日本展示会協会(以下、日展協・東京都千代田区)は20日、東京都に対し業界関係者から募った7万9000件の署名を提出した。これを受け都は、メディア会場に関わるビッグサイトの使用期間を現状の約20カ月から短縮できないか、大会組織委員会と協議を進めるとしている。

 都は五輪開催時に各国のメディア会場としてビッグサイト全館を使用する方針を固めており、その受け入れのために19年4月から同会場の一部を占有する計画を明らかにしている。メディア会場としての使用期間は20年11月までとされており、約20カ月間は通常の展示会が開催できなくなるなどの影響が危惧されている。

 日展協はこうした事態を回避するため、展示会の主催企業や出展者、展示会の造作や警備を行う関係企業などを中心に、五輪期間中も例年と同じ規模で開催できるよう求める署名活動を行っていた。署名活動は現在も続いており、23日17時現在で8万1276件にのぼっている。

 都は展示会産業への影響を軽減するため、ビッグサイト近隣に約2万3000㎡の仮設展示場の建設を行う予定だ。同展示場は19年4月から20年11月までの20カ月間運営する。

 だが、仮設展示場の面積がビッグサイトの約4分の1であることから、展示会業界からの不安の声は収まっていない。関係者からはさらなる仮設展示場の建設を望む声も上がっているが、都は「現計画以上の新たな仮設展示場の建設する方針はない」としている。


おすすめの記事
五輪会場問題進展見えず

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平
2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る