【FOODEX JAPAN 2019】出展・来場とも外国勢多く

FOODEX 2019

アジア最大の食品・飲料専門の展示会「FOODEX JAPAN」では、今年も海外からの出展・来場者が多く、出展者からも海外バイヤーとの商談に手応えが多く聞かれた。

開催概要
会期:3月5日(火)~8日(金)
会場:幕張メッセ 全館
主催:(一社)日本能率協会
出展者数:3316社
来場者数:8万426人
同時開催展:第5回和食産業展、第1回食品安全対策展

イスラム圏バイヤーはビーガンに注目

菓子を中心とした輸入食品の専門商社、巴商事(東京都世田谷区)に訪れたのは、中国、シンガポール、マレーシアなど7割近くが東南アジアからの来場者だった。関心を集めたのは、豚肉を使わないギョーザだ。ベジタリアンやビーガン(完全菜食主義者)に注目し、イスラム教徒が多い地域のバイヤーの関心を集めた。「世界各国でラーメン人気が高まっていることも、ギョーザの関心を高める追い風になっている」(松木英峰さん)

ラムネに世界的ブームの兆し


ラムネを40カ国に輸出するハタ鉱泉(大阪市)には、海外小売チェーンが来た。米国、中国をメインに輸出しており、両国の卸業者もやって来た。大阪にしか拠点がないため、海外バイヤーが集まる「FOODEX JAPAN」は貴重だ。

ラムネは5年ほど前から世界で人気が出始めた。開け方の面白さに興味を持つ人が多いのは日本と同じようだ。「ビー玉の入ったラムネの瓶は100年以上前にイギリスで生まれたらしいが、今、製造しているのは日本だけ」(中田秀さん)

海外で価値上がる国産製品


日本酒・焼酎を扱う味ノマチダヤ(東京都中野区)では、3割程度が海外来場者だった。アジア圏では日本酒が高級酒として扱われ、販売価格が日本の3~4倍になることも多い。「ワイン人気が先行している中国でも、日本酒の人気が出始めている」(小林百恵さん)

SDGs(持続可能な開発目標)」専用ゾーンでは、コオロギから出汁を取る「コオロギラーメン」に注目が集まった。世界的な人口増加と途上国の発展により1人当たりの肉・魚の消費量は拡大しており、将来的なタンパク質不足が懸念されていることが要因だ。昆虫食は次世代の代替食品として関心を集めており、食材としてそのまま食べるほか、材料として混ぜるなど間接的な摂取方法を取り入れようと模索する者も多いという。

 

FOODEX JAPAN出展社に聞く『今回、どうだった?』
▼▼▼▼▼


流通・問屋の来場多い

芳屋(東京都台東区)

10回連続で出展。ジャム、オリーブオイルなど1000種類の輸入食品や菓子を取り扱っている。回を重ねるごとに既存客が増え、新規とつながりにくくなっている。小売店とやり取りしたいが、今回は流通業者や問屋が多かった印象。


新たな販路見つかった

光商事(大阪市)

マイナス40度まで一気に冷やすことができる急速液体凍結機の販売のため初出展した。水産、畜産、加工食品などの担当者、工場関係者らから引き合いがあり、予想以上に手応えがあった。
急速冷凍で味や食感を残したまま保存すると、

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る