日本の食品輸出EXPO

開催概要
会期:10月10日(水)~12日(金)
会場:幕張メッセ
主催:リードエグジビションジャパン
共催:日本貿易振興機構(JETRO)
協力:農林水産省
出展者数:548社
来場者数:1万4697人
併催:ドリンクジャパン

海外から4000人

食品輸出に特化した展示会で、80カ国のバイヤーと日本の貿易商が一堂に会す。海外進出を目指す食品メーカー・商社の出展が多い。

政府は2019年に農林水産物・食品の輸出額を1兆円にするとの政府目標を掲げており、振興に力を入れる。今回も日本貿易振興機構と農林水産省の協力の下、海外から約4000人のバイヤーが参加、出展者も前回の304社から548社に増えた。

アジアの国はもちろん、オイルマネーで急成長するアゼルバイジャンからバイヤー30人が訪れるなど、さまざまな国の関係者が来場した。

日本の食品輸出EXPOどうだったの??
出展社に聞く『今回、どうだった?』
▼▼▼▼▼

日本罐詰(北海道河西郡)

意外な海外ニーズ見えた

目立ったのは台湾、香港、シンガポールからの来場者で、中でも台湾人が多かった。
カタールのバイヤーが枝豆を求めていたり、タイのバイヤーがデザートのトッピング用にコーンを探していたり、意外なニーズを知ることができたのは収穫だ。パッケージを海外向けにした。


友田セーリング(鳥取県境港市)

各国輸出入の実情知った

来場者は中国、シンガポール、台湾、香港、タイなど東南アジアの人が圧倒的に多く目立った。他にカナダ、ウクライナ、エジプトの人とも名刺交換することができた。輸出専門の展示会なので、他に比べて客層が全く異なる。
水産品はそれぞれの国によって輸出できる品目、できない品目に違いがあり、そのあたりの正確な情報を知ることができて良かった。海外のバイヤーと日本の貿易商、合わせて200人と出会えた。一定の手応えを感じているが、これからが本番だ。


ヒラオ(大阪府寝屋川市)

体制整備が課題

スモークサーモンの製造販売業者。来場者で目立ったのはシンガポール、香港、中国。またカナダ、米国、デンマークなどから引き合いがあった。意外だったのは、アゼルバイジャンからの来場者が結構いたことだ。初出展だが100人くらいと出会うことができ、中国、シンガポール、タイのバイヤーから受注する見通しだ。ただ、初めてのことで、海外バイヤーとの取引は直接はできず、国内の商社を通す必要がある。自社だけで対応が完結するよう、体制を整える必要があると感じた。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る