パナソニック・カナダ、Security Canadaへ出展 注目は容量食わないカメラ

▲1日で100社と商談できたと話す、濱田準一さん

パナソニック・カナダ、北米売り上げ増収続く

パナソニック・カナダは、官公庁や法人向けの映像監視システムを展示した。日本の空港や店舗、カナダの警察、大学、病院、高齢者施設で採用されているものだ。

ブースには、企業から情報システムの設計や運用を受注するシステムインテグレーターが訪れた。彼らの関心は、データ保存に関する費用の圧縮に向いていた。多くの顧客企業が、データ収集領域を拡大し、保存期間も長期化させているため、ストレージコストの上昇が課題となっているからだ。

パナソニック・カナダは、ターゲットの顔をカメラで検出し、顔部分のみを切り出したデータ容量が小さい画像を手軽に送受信できるシステムを展示し、来場者を集めた。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る