開催概要
会期:9月4日(火)~7日(金)
会場:東京ビッグサイト全館
主催:ビジネスガイド社
出展者数:約3500社
来場者数:20万436人(前回)
併催:グルメ&ダイニングスタイルショーインターナショナルプレミアム・インセンティブショープレミアムビューティー・ヘルスショー

東京インターナショナル・ギフト・ショー 2年ぶり会期を統合

今回は従来のギフト・ショーと、インテリア商材の展示会「LIFE×DESIGN」を2年ぶりに同時開催した。前回同様、2つのイベントの会期をずらす予定だったが、出展者の要望により7月末に急きょ、同時開催に切り替えた。急な会期変更だったが、分散されていた来場者が集約され、集客に大きな影響はなかった。来場者の属性は卸売、専門店、販促・記念品業者、メーカーなど。主な目的は新規仕入れが4割。「ライフスタイル総合EXPO」をはじめ、同じ層の来場者を対象とする展示会が増えているが、出展規模ではギフト・ショーが最大。

東京インターナショナル・ギフト・ショーどうだったの??
出展社に聞く『今回、どうだった?』
▼▼▼▼▼

阪和(大阪市)

多数の雑貨店の担当者と出会えた

雑貨の企画・販売をしており、雑貨関連の展示会にはよく出る。中でも最も集客数が多いギフト・ショーは、最も売り上げにつながりやすい。今回は冬に向け加湿器をメインに展示、その場で受注するなど、かなりの手応え。来場者は個人店から大手販売店まで雑貨店が目立つ。


武田コーポレーション(名古屋市)

想定の来場者とズレあるも一定の成果あり

輸入雑貨商社。いくつかの展示会に出ているが、「国際ガーデンEXPO」が最も我々が求める来場者と出会える。出展したエリアの影響もあると思うが、今回の来場者は個人事業主が多い印象。我々はホームセンターや小売店の担当者との出会いを求めていたので、少しずれていたのかも。とはいえ、一定の成果はあったと思う。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る