メディカルジャパン 東京

開催概要
会 期:9月12日(水)~14日(金)
会 場:幕張メッセ
主 催:リード エグジビション ジャパン
共 催:一般社団法人日本病院会/一般社団法人日本介護協会
出展者数:約400社
来場者数:1万4947人
併 催:医療機器・設備EXPO、病院運営支援EXPO、医療IT・EXPO、介護&看護EXPO、地域包括ケアEXPO

メディカルジャパン 東京で初開催

2015年に大阪で始まった「医療と介護の総合展」が東京で初開催された。病院、クリニック、介護施設の理事長・院長・事務長、医師、看護師・技師や介護現場の人々、専門商社などが来場する。中でもメーカーや商社の来場が目立った。高齢化が進み医師やスタッフの負担が増える中、現場の負担を軽減する「働き方改革」に関するサービスや、要介護高齢者向けのケア用品などが多数展示された。

会場では、医療・介護の分野への新規参入を目指すヤマハリコーヤフー住友不動産ミニストップなど、大手企業の1、2小間での出展も目立った。

メディカルジャパン東京どうだったの??
出展社に聞く『今回、どうだった?』
▼▼▼▼▼

TGテクニカ(新潟県燕市)

1回目の開催にしてはまずまず

医療・介護事業所向けの空気清浄機を開発したので、この分野の展示会に出たいと思っていた。今回はディーラーや現場の人など100件くらいと話ができて、そのうち2~3割と商談ができそう。
もう少し来場者が増えてほしいというのが本音だが、1回目にしてはまずまずなのでは。


河淳(東京都中央区)

集客は学会今回は周知活動

医療事務製品の製造・販売会社で、大阪の「メディカルジャパン」に4年連続で出展した縁で初開催の東京にも出した。大阪は関東より東の来場者はほとんどいない。
一方、東京には西日本の来場者がいないので、うまくすみ分けができていると思う。当社にとって最も効果があるのは、大きな展示会よりも学会。看護学会や薬剤学会などの方がピンポイントで商談につながる話ができる。今回のように大きな展示会は周知活動という側面が大きい。


ケーツー(愛知県大府市)

個人で製品購入に驚き

プラスチック金型メーカーで、糖尿病患者向けの電子インスリン収納ケースを初めて展示した。病院従事者や協業できそうなメーカーと出会えた。
糖尿病患者が5人ほど直接購入しに来て驚いた。手応えは100点満点で80点以上。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る