「高さを軽視」来場者に見えず隣接ブースに隠れる【集まるブース】

▲ブース上部にはモータで回転するキューブ状の造作物があった

―DATA―
デザイン・施工:日本アート印刷(大阪市)
小間数:4小間
デザイン・施工費:非公開
会 場:メンテナンス・レジリエンスTOKYO

「高さを軽視」来場者に見えず隣接ブースに隠れる

プラントや石油精製所などの厳しい環境で使う照明器具を製造する星和電機(京都市)は、ブース上部にモータで回転する造作物を取り付けて集客を図ったが、高さが足りず、思ったような効果が得られなかった。

誤算は隣に立つブースが、同社よりも高い設計だったことだ。入り口方面から流れてくる来場者の視線は遮られ、上部に取り付けた造作物も目立たなかった。「デザインにはこだわったが、高さを軽視していた。ブースは低いほど施工費が削減できる。だが、その結果目立たなくなるようでは意味がない」(初田健治課長)

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る