危険な展示会の作業現場 請負会社10社安全対策推進協会を設立

▲インテックス大阪が8月8日に開催した安全大会で、ヘルメット着用義務化が参加者に伝えられた

危険な展示会の作業現場 請負会社10社安全対策推進協会を設立

展示会でのブース施工や備品運搬に関わる作業をデザイン会社や備品レンタル会社から請け負う事業者10社が、従業員の作業環境を向上させることを目指し、(一社)イベント展示会安全施工推進会を設立した。今月1日からは、インテックス大阪が脚立や高所での作業時にヘルメットの着用を義務付けた。展示会の現場は、施工作業の安全基準を取り締まる法律がない。実務にあたる民間事業者が、現場作業員の安全を守るため業界基準を設けた格好だ。背景には、深夜に及ぶ労働環境が嫌われ人材が確保できなくなりつつある請負会社の実態がある。

背景に作業員の人材不足

イベント展示会安全施工推進会を設立したのは、展示会などイベントの設営現場で、デザイン会社や備品レンタル会社から現場の作業を請け負う会社だ。展示会ブースの設営であれば、大工やデザイン会社の現場監督とともに会場に入り、ブースを区切る壁面を立てる作業や、荷物の運搬、ポスターやパネルの設置などを行う。特別装飾と呼ばれる特注の木工ブースの組み立てなどは大工職人が行うが、それ以外に会場設営で生じる多くの作業を担当している。

作業を行うのに特別な資格は必要ないが、設営時間が非常に短い展示会の現場では、作業の流れを把握した経験のあるスタッフが担う部分が大きい。また、基本作業の研修を行う請負会社も多く、需要は大きい。設立に参加した10社は特に展示会現場を得意としている請負会社ばかりだ。請負会社に仕事を発注するのは、出展企業からブースのデザイン・施工を受注したデザイン会社やブース設営会社、あるいは、そこから会場で使う椅子や壁面パネルなどの備品の貸し出しを受注したレンタル会社が多い。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る