ジェトロブースで経験積み、単独出展へ 江東堂高橋製作所【海外展示会挑戦記】

▲2013年から海外市場の開拓に踏み切った

江東堂高橋製作所(東京都葛飾区)
@ワールド ティー EXPO(米)

明治43年創業の製缶会社、江東堂高橋製作所(東京都葛飾区)は、かつて5億円近くあった年商も1億円弱に減少している。ブリキ製の茶筒缶、海苔缶の国内需要が減ったのが要因だ。この状況を打開するため、5年前、海外市場開拓に踏み切った。

この5年で開拓できた販路は1000万円だ。半分がアメリカ、残りは欧州とオーストラリアだ。製品は高価格の物が多く、販路は先進国が中心になる。

最初に出展した展示会はニューヨークのギフトショー「NY NOW」のジェトロブース。続けて、ドイツの消費財見本市「アンビエンテ」アメリカの「シカゴギフトショー」に出展した。商品や対応を国ごとに微調整すると、販路が広がった。東京都中小企業振興公社のサポートで「シンガポール・ギフト・ショー」にも参加した。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る