「Web展示会」出品数1200件を突破

出品料は無料展示会と連動

独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構・東京都港区)が運営する企業の製品・サービスをPRするためのWeb展示会「新価値創造NAVI」への出品数が1257点へ増加している。

展示会へ出展したいが費用や人材の問題から出展できない中小企業の販路拡大のために設けられたサイトで、出展は無料。動画で製品の利用シーンを再現して閲覧者へ訴求できるほか、資料請求や情報交換できる機能が備わっているという。

ビジネスマッチングを促進するため、同機構が11月15~17日に東京ビッグサイトで開催する展示会「新価値創造展」とも連携している。同サイトは2016年に創設された。英語版も併設されており、資金や人材に乏しい中小企業の活性を目的としているという。中でもIoTやロボット、医療・介護、環境など幅広い企業に登録が広がっており、ドローンやARサービスを開発する新興のベンチャーの出品も増えているという。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

  1. ▲ラスベガスに本社を置くMGMリゾーツの日本法人CEOのエド・バワーズ氏は、「日本人の考え方と合わないIRが政府に承認されることはない」と考える

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る