▲パッケージに企業ロゴなどを印刷し、ノベルティ用品として売り出している

エコな印象自動車メーカーに好評

「エコなイメージを打ち出すことができ、企業のイメージアップにつながると好評」と語るのは、花や野菜の種をノベルティ用品として封入し提供している東京優芳園(東京都新宿区)だ。企業ロゴなどを印刷した小袋に種を封入し、提供している。「トヨタ自動車など自動車会社には特に人気。店頭での販売はおこなっていないので、ノベルティとしてプレミアム感も出せる」と同社の櫻井栄蔵氏は語る。

自然物を扱っているからこそのプロモーション効果の高さがあるという。ノベルティ用品の多くは捨てられることも多いというが、長期間保管が可能で、植物を扱っていることから廃棄や即時使用が少ない。そのため、パッケージに封入したまま手元に保管することが多く、企業のPRに効果的だという。また、植物を育てるという愛着が湧くことで、企業へのイメージアップにもつながると櫻井氏は語る。

▲東京優芳園(東京都新宿区) 櫻井栄蔵氏

今年1月からは、小型のペットボトルに微粉肥料と水を入れることで種から栽培できるキットを新たに発売した。ミニトマトやリーフレタスの栽培も可能だという。
「花は女性に好感を得られる。それを生かして企業PRしたいという顧客に販売していきたい」と櫻井氏は語る。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る