Facebookでつながる仲間 イベントづくりにも貢献

▲ネットで繋がる開発者仲間との絆を語るSSJの成社長

スマホゲーム専門の展示会「sgf」を初めて開催したのは、SSJ(東京都板橋区)の成秀才社長だ。どんなにゲームを開発しても、広告に大金を払えないと自社のゲームを知ってもらえない苦しみから、イベント開催を思いついた。

初開催のイベントながら、全国から中小ゲーム開発会社が出展したのは、成社長が創業期からつくってきた開発者のネットワークのおかげだった。Facebookで開発仲間を募り、同じ悩みを抱える者同士が1000人規模で集まった。普段は人材採用など経営に関する悩みを話し合うことが多いが、イベントを企画してからは、出展の呼びかけにも協力してくれた。

「Facebookでつながっている社長を通じて出展してくれた会社も少なくない。こうした人のつながりのおかげで、イベントができたといっても過言じゃない」と成社長。開催中は多数の若者が会場を訪れた。手作りではじめたイベントは、盛況のうちに幕を閉じたようだ。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る