インテックス 取り壊し案が浮上

夢洲計画と共に検討進める

大阪市にある展示会場「インテックス大阪」を取り壊す検討案が浮かび上がっていることが9日、わかった。夢洲に建設を計画しているカジノを含む統合型リゾート施設(IR)計画の一環として、展示会機能を新会場に移すという。

市議会の中でインテックス大阪の今後の運営について言及があったことから、検討しているという。市の職員は取り壊しが検討されていることを認めた上で、「具体的に決まったわけではない。今後、夢洲の計画を進めていきながら、インテックス大阪のあり方も考えていく」とコメントした。市は2012年2月にインテックス大阪の事業分析を行っており、施設の老朽化や設備機能の陳腐化を課題としてあげていた。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る