ジールアソシエイツ(東京都中央区)永門大輔社長
1975年5月、福岡県出身。大手ディスプレイ会社を経て、2014年に同社を設立。

ネットに飽き始めたのかな ジールアソシエイツ 永門社長インタビュー

‐売り上げの状況は。

前年比15%増で伸びている。ただ、ディスプレイ産業、イベント産業が大きくなっており、特別だとは思わない。

‐展示会分野の営業はどう行なっているのか。

若い社員はブースデザインを競うコンペを競り勝ちながら、経験を積む。ベテランはクライアント企業のマーケティング担当者と「何を誰に打ち出すか、誰のためにどんなプロモーションが必要か」という広報の上流部分から相談を受ける。出展企業の中には、誰に何を伝えるために出たのか、整理できずに当日を迎えていることがある。一昔前は「イベントは派手であれば良い」と考える人が多かった。ゲームショウでも感じたが、昔の方がブースは派手だった。
マーケティングにおいて、イベントが重要と感じていても、何から考えればいいか、わからない人が多いのだろう。その道筋を整理する仕事から入るようにしている。

‐広告主から直接依頼を受けるのか。

直接の取引が増えているが、代理店やプロダクションからいただく仕事もある。企業のマーケ担当者が昔に比べて経験を積み、実務を担う会社に問い合わせる機会が増えたのではないか。ただ、データや調査を通じたマクロ的なマーケティングは、代理店が得意とする専門領域。それぞれ、仕事の内容が異なる。

‐2020年以降、展示会は拡大すると思うか。

インターネットが普及する前、展示会に来場する人の重要な目的は、出展企業のカタログを集めることだった。情報を集めたいとき、それが一番早かったからだ。
今、情報収集はネットで完結しており、直接見たい、触りたい、会いたい人たちが会場に来る。単純に、皆ネットが当たり前になり、飽き始めていると感じる。展示会の需要はもっと高まる。


インタビューはこちら

【この人】中国で合弁会社設立 介護商材の販路拡大~ブティックス 新村祐三社長~


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る