▲ブース中央には、特注の樹木のオブジェを設置した

―DATA―
デザイン・施工:ポイントライン(東京都中央区)
小間数:4小間
デザイン・施工・オブジェ製作費:300万円
会 場:SPORTEC

違和感の表現で集客増 森の中でサーフィン

Natural Body Space
(東京都品川区)
石河健社長(38)

SPORTEC」に出展したNatural Body Space(東京都品川区)は、サーフボードの形をしたドイツ製の体幹トレーニング機器を展示。20分で一般的なトレーニングの2~3時間に相当する運動効果を得られる時短エクササイズが売りだ。

緑色のカーペットと、木製のオブジェを組み合わせて作った樹木で「ドイツの森」を表現。ドイツの最先端技術を紹介するため、木のサーフボードという製品のコンセプトも表現した。「見た目はサーフボードだが、ブース全体を使って森を表現することで、『森の中でサーフィンを楽しむ』という違和感をつくり、来場者の関心を集められたと思う」(石河健社長)

デザインを担当したのは、施工会社のポイントライン(東京都中央区)だ。ブース中央に設けた木製のオブジェは、今回のために用意した特注品。販促物のデザインも含め、4小間で費用は300万円だった。「本物の木を運びたかったが、技術的に困難と言われた。樹木のオブジェは雰囲気をつくるために欠かせないと思い、既製品は使わずにこだわった」(石河社長)


特集【集まるブース】はこちら!

サイネージが生える店舗を再現【集まるブース】

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る