タグ:IR

    統合型リゾート施設運営大手 シーザーズ 大阪での運営権獲得に全力注ぐ

     カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法が公布され、7月で1年を迎える。政府は5月22日、実施法により規定される基本方針の発表を夏の参議院選後とした。方針発表後は誘致を検討する自治体は、手を挙げるか否か、決断しなけ…

    MICE事業の海外展開強化を宣言

    ▲12月19日、東京国際フォーラムで開催した「ディセニアルミーティング」 展示会支援のサクラインターナショナル(大阪市)が、協力会社などの関係者を集めた会議の中で、2020オリパラ、IR、2025大阪万博などの大型…

    インバウンド関連受注は2020年以降も継続【トップに聞く2020年後の仕事】

    トップに聞く2020年後の仕事-① 2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催まで20カ月をきった。施設やインフラ関連工事の真っ只中にあるものの、オリンピック後に向けた準備が気になリはじめたイベント業界関係者は…

    大阪万博 来場者想定は2800万人

    ▲「夢洲次世代まちづくりEXPO」の説明会には300人が集まった。 来場者想定は2800万人 2025年に開催が決まった大阪万博の承知案では、来場者数を2800万人と見込んでいる。15年に開催された直近のミラノ万博、…

    2025大阪万博 開催決定

    ▲(左から)大阪開催決定の瞬間にてを取り合う世耕経済産業大臣、榊原前経団連会長、松井大阪府知事、松本関西経済連合会会長ら。 国、府、市、民間の共管組織が運営 2025年に大阪での開催が決まった万国博覧会(万博)は、今…

    日本にカジノ?進む日本型のIR誘致への現状【WEB限定】

    7月20日、IR実施法案が参院で可決・成立した。 IRとは、カジノを含む統合型リゾート施設のことである。 日本でカジノ?と思われる方もいるかもしれません。 2005年にシンガポールがIRを導入し成功したことで、…

    大阪 IR開業2024年目指す

    大阪は府市共管のIR推進局を2017年4月に設置し、IR誘致を他都市に先駆けて準備を進めてきた。17年8月に発表した「大阪IR基本構想案・中間骨子」では、2024年の開業を目指すことが明記されており、21年までに政府から…

    IR整備法成立 自治体の誘致合戦へ

    特定複合観光施設区域整備法案(IR整備法)が7月20に参議院を通過し、日本にIRができる可能性が一歩高まった。法律では、IRの開業に向けて、政府とIRの誘致を目指す自治体に、それぞれ踏むべき手順が定められた。(関連記事=…

    できるか、横浜市山下ふ頭に展示場

    ▲横浜港運協会の藤木幸夫会長(右)は、横浜港で港湾荷役、倉庫業などを行う藤木企業(横浜市)の会長。横浜エフエム放送の社長も務める地元経済界の有力者だ。講演会には日本展示会協会(東京都千代田区)の石積忠夫会長(左)を招いた…

    『トレードショーオーガナイザーズ』7月から社名を『イノベント』に

    ▲田中洋行代表取締役会長 『トレードショーオーガナイザーズ』7月から社名を『イノベント』に 展示会主催のトレードショーオーガナイザーズ(東京都港区)が7月1日、イノベントに社名を変更する。本社は今年2月に移転した東京…
ページ上部へ戻る