タグ:医療インバウンド

    【医療インバウンド10年の軌跡】第8回 市場拡大のポイント

     医療インバウンドのこれまでを振り返ってきた連載の最後は、市場拡大に向けた課題についてです。青木氏は海外でのプロモーションが足りていないことを指摘しました。継続的なプロモーションを行えば、中国、ロシア、ベトナムなどの地域…

    【医療インバウンド10年の軌跡】第7回 医療渡航ビザの利用状況

    ロシアにも高い可能性 取得しやすく、期間の制限もおおらかな医療渡航ビザは、制度ができてから6年で20倍近く増加した。利用者の大半は中国人だが、「インバウンド観光客の全対数から見れば、まだ非常に数が少ない」と青木氏は…

    【医療インバウンド10年の軌跡】第6回 医療渡航ビザの利用者

     2011年1月にできた医療渡航ビザは、医療機関における治療行為だけではなく、人間ドック、健康診断、温泉治療、療養まで幅広い範囲が対象になる。制度の核は、医療目的で日本に来たときの施設、例えば温泉療養だとしたら、「温泉療…

    【医療インバウンド10年の軌跡】第5回 主要プレイヤー

    ▲外国人を相手にする医療現場において、通訳は命に関わる重要な役割を担うが、体制は整っているとは言い難い(写真はイメージ) 海外から医療を目的にする人を呼ぼうとすると、そこには医療従事者以外にもさまざまなプレイヤーが…

    【医療インバウンド10年の軌跡】第4回 ドック以外の人気商品

    ▲リハビリテーションの受診も増えている(写真はイメージ) 治療や予防 医療技術は海外の評価も高い 日本の医療サービスを受けに来日する外国人の目的は、健康診断、治療、予防医療、リハビリテーションの4つに大別できる。治療…

    【医療インバウンド10年の軌跡】第3回 健康診断で日本へ

    中国の富裕層向けに仕掛けたPET検診 北京駐在時代、アンチエイジングの治療でスイスに富裕層を送る中国の旅行会社を見ていた青木氏は、大阪のPET検診センターから持ち込まれた海外富裕層の送客ツアーに、可能性を見出す。両者を…

    【医療インバウンド10年の軌跡】第2回 政府方針に組み込まれる

    インバウンドの新しい切り口として登場 政府の成長戦略に「医療インバウンド」が登場したのが2010年。海外の富裕層が大挙して日本にやって来るイメージが先行し、全国の自治体や医療関係者が一斉に動き始めた。小泉政権で始まった…

    医療インバウンド強化 黒字化に動く病院

    ▲外国人向けの医療に力を注ぐ東京高輪病院 検診や治療を受けるため、海外から日本にやってくる医療インバウンドが拡大している。富裕層が拡大する中国を中心とするアジア各国で、日本の医療機関に対する信用が高いことが要因だが、日…

    【医療インバウンド】外国人受け入れ 病院も注力

    ▲東京高輪病院・国際部の横山みどりさん(左)と島津忠司さん(右) 経験豊富な看護師を配置 高額な医療費を支払っても日本の医療を受けたいと来日する外国人が増えている。入院や複数回通院するため6カ月以上滞在する外国人に発…

    医療インバウンドの専任エージェントも

    日本に医療渡航者を連れてくるのは、医療渡航支援企業と呼ばれる国内外のエージェントたちだ。経済産業省の外郭組織、(一社)メディカルエクセレンスジャパン(MEJ)が認可している医療渡航支援企業は今のところ2社…

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る