展示会を取材する専門紙『国際イベントニュース』とは

この記事の構成

1.国際イベントニュースが展示会に注目する理由を話します
2.どんな人が、何に困り、何を求めて、その場所に集まったのか
3.『国際イベントニュース』を読むのは誰?その目的は?
4.企業だけじゃない。 国や自治体が展示会に注目する理由
5.『国際イベントニュース』創刊
【関連記事】目的別『国際イベントニュース』が発信する情報
【関連記事】『国際イベントニュース』を創る人々

※この記事は『国際イベントニュース』が取材する情報を紹介しています

1.国際イベントニュースが展示会に注目する理由

それぞれの業界で働く人たちの、今日の困りごとがわかる

 展示会の会場にいるのは、特定の産業に関わる人たちや、同じ課題やテーマの元に集まる人たちです。新商品やノウハウに関わる情報をやり取りし、取引する相手を探します。情報だけならウェブで集められないこともないのに、お金と時間を割いて、わざわざ少し不便な展示会場まで行くのは、検索ワードに落とし込めない困りごとや、会ってみないと見極めにくい商売相手の信頼や相性を確認したいから。それほど、すぐに解決したい問題があるのです。 すぐに解決したい問題こそビジネスチャンス、と私たちは考えます。

【2019年12月29日掲載】 5Gに注目集まるバルセロナのIoT門展@IoT Solutions World Congress

展示会でわかること・その① 業界の顔ぶれ

 業界に関わる企業や人の関係が見える、それが展示会。「あの人たち、同じ業界なんだ」「この業界は、あの業界で儲けているのか」そんな発見がたくさんあります。

展示会でわかること・その② みんなの困りごと

人が集まるブースに行けば、皆が何に注目しているのかがすぐわかります。

展示会でわかること・その③ 業界の成長企業

どんな業界にもトレンドがあり、それを掴んだ伸び盛りの会社がいます。業界の中の成長企業は、展示会に必ず顔を出しています。

 
【広告見本】WEB記事に広告掲載できます
|紙面定期購読1万4400円(税別)/年|WEB版800円(税別)/月|広告出稿5万円から

2.どんな人が、何に困り、何を求めて、その場所に集まったのか

会場で出展者に取材するから見える『リアルな経済トレンド』

 出展企業に聞くことは「どんな人が、何に困り、何を求めて、ここにきていたか?」それだけ。その日一番注目を集めた商品、その日のみんなの困りごとが露わになります。

 ブースの大きさ、宣伝広告費、企業のブランド力で測れるものではありません。企業や統計から発信されるものとは一味違う、経済トレンドが見えるはずです。

 
▲毎月1日発行『国際イベントニュース』タブロイド判24P 年間購読1万4400円

3.誰が『国際イベントニュース』を読むのか。その目的とは

進出先を探す人、あるいは、展示会で成功したい人

 

読んでる人・その① 経済のトレンドを確認したい人

 展示会によく行く人は、「商売のネタ、なんかないかな」と歩いている人。国際イベントニュースを読めば、展示会に行かなくても行った気分に少しだけなれます。

読んでる人・その② 展示会の出展先を探す人

 その業界に挑戦してみたいけれど、どの展示会に出ればいいのかわからない、そういう人のために、国際イベントニュースの展示会「口コミ記事」が役にたちます。

読んでる人・その③ イベント産業で仕事をする人

 どこの会社が元気があるか、どこの展示会が盛り上がっているか、キーパーソンは誰なのか、展示会産業で成功する人は、みなさん必ず読んでいます。

関連記事【目的別!『国際イベントニュース』が発信する情報】を読む

 
【広告見本】展示会の記事で出展ブース紹介も

4.企業だけじゃない。 国や自治体が展示会に注目する理由

『人と市場』を誘致して経済を動かす

【2019年12月16日掲載】和柄のスケートボード 伝統工芸技術使った商品アピール 石川県産業創出支援機構【自治体の出展戦略】#19

①地方に人を【地方自治体の場合】

 世界中に顧客を持つ地域産業があれば、毎年展示会を開催できます。外国人来場者を集める地方展示会も増えています。新たに建設された展示会場の今後にも注目します。

②市場を日本に【政府の場合】

 人口減少による国内市場の縮小を避けるのは難しくても、関係者が取引をする市場(いちば)だけなら持ってくることは可能です。特にアジアにおける日本の経済的優位性を高めるために、国も展示会に注目しています。

 
【広告見本】展示会前に検索する記事に広告が打てる
『国際イベントニュース』を創るのはこんな人たち。編集長自慢のチームを紹介

5.『国際イベントニュース』の創刊に寄せて

 どうしても目の前で見せたいことと、どうしても目の前で見たいことが、私達の社会には存在する。ウェブという人類史上最も扱いやすく拡散しやすい伝達手段があるなかで、イベントは主催者、スポンサー、出展企業、来場者、すべての人にとってぜいたくなものとなった。
 だからこそ、会場で過ごす時間は、特別でなければならない。
 組織の時間と費用を投下し、ゲストの時間を拘束する、現代においてまれに見る非効率な行為だが、生まれ持った五感を存分に解放できる舞台がイベントだ。その担い手たちが握る代用の効かない道具のように、側に置かれる新聞と成ることを誓う。

国際イベントニュース編集長 東島 淳一郎『創刊に寄せて』より

  『国際イベントニュース』の創刊は  年。当時と今とでは、記事の内容も質も変わった。『創刊に寄せて』誓った新聞に少しでも近づけるよう、取材を続けている。

関連記事【『国際イベントニュース』を創る人々】を読む


国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る