商品の形に合わせ段ボールを成形 @ TOKYO PACK(東京国際包装展)

 
  • 2016/11/19
展示会名:TOKYO PACK(東京国際包装展)2016
会期:2016年10月4日(火)~7日(金)
会場:東京ビッグサイト 東展示棟全館
主催者:(公社)日本包装技術協会

タナックス(京都市) ニトリ、モノタロウも採用

 タナックス(京都市)が販売するのは商品の形に合わせて、段ボール箱をその場で成形する2000万円のシステムだ。商品のバーコードを読み取りあらかじめ指定した大きさにしたり、スキャナーで商品を読み込み、幅・奥行き・高さに合わせた箱を作ることもできる。

 商品に対して包装が極端に大きいために起こる無駄なコストや、形状に合わせた箱を作るための作業時間を省くことができる。

 システムの製造元はイタリアのメーカー、パノテック。2年前からタナックスが日本国内を含むアジア地区の総代理店となった。欧州では、導入企業が増えているが、国内ではまだこれからだ。だが、ニトリやモノタロウといった大手が物流センターで導入を始めている。

 タナックスは、元々段ボールの製造を行ってきた創業110年の老舗だ。


おすすめの記事
アジア最大の包装展示会 @TOKYO PACK(東京国際包装展)

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る