各地でクラスター 第3波到来に広がる不安 @マレーシア【11月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

 
  • 2020/11/24
▲手すりを自動消毒する紫外線殺菌機がつけられた商業施設のエスカレーター

第3波到来に不安広がる

 マレーシア各地で新型コロナウイルスのクラスターが発生している。首都クアラルンプールでは14日、1日の新規感染者数が469人を記録した。そのうち460人は建設現場で発生したクラスターによるもの。保険相は同エリアと建設作業員が住む宿舎を強制ロックダウンすることも検討しているという。ロックダウンが実施された場合はエリア全体がブロック化され、付近の道路は閉鎖。外出は禁止となり、食料などは政府から配給される形となる。

 クアラルンプールの南側に位置し、工業団地を擁するヌグリ・センビラン州でも工場などでクラスターが発生した。また、経済地区であるセランゴール州でも感染者数の増加に歯止めがかかっていない。こうした事態を受け、両州ではソフトロックダウンを発令。州や連邦直轄領をまたぐ移動が禁止となったものの、法令を無視して摘発されるケースが後を絶たない。違反者には約2万5000円の罰金が課せられる。保険相は「ヌグリ・センビラン州は人口密度が高い地域だが、感染経路が追跡できているうちはさらなる措置を取る必要はない」とコメントしている。

 マレーシアではここ数日、1日の新規感染者数が1000人前後での推移を続けており、各地で感染者数が増加している状況に不安が広がっている。11月初旬にはボルネオ島北部のサバ州で感染者が急増。第3波到来かと危惧されたが、現在は少し落ち着きを見せており、サバ州の感染者数はマレーシア国内全体のうち68%から50%まで下がった。一方で、現在急増しているマレー半島での感染は自動車やゴム手袋の生産工場で働く労働者が多く、SOP(標準運用手段)を遵守していながら感染が広がっていることから、SOPでの感染抑制には限界があるとの見方もある。

  
       

この先、会員限定エリアです
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

【特集】新型コロナウィルスがイベント、展示会産業に与えた影響

関連記事

【PR記事】サーマルカメラ.tokyo
【PR記事】サーマルカメラ.tokyo
 

最近の記事

今後の展示会おさらい

  1. 2019-3-25

    海外バイヤー ニッチ食材にも注目 @ FOODEX JAPAN

    展示会名:FOODEX JAPAN(第44回 国際食品・飲料展) 会期:2019年3月5日(火)~…
  2. 2020-4-2

    不動産、民泊への関心高まる @資産運用EXPO

    展示会名:第3回 資産運用EXPO 会期:2020年1月23日(木)~25日(土) 会場:東京ビッ…
  3. 2020-2-15

    半導体市場は停滞から反転の兆しあり @SEMICON Japan

    展示会名:第43回 SEMICON Japan 会期:2019年12月11日(水)~13日(金) …
  4. 2019-4-10

    リサイクル技術求め行政関係者が来場 @ NEW環境展

    展示会名:NEW環境展 会期:2019年3月12日(火)~15日(金) 会場:東京ビッグサイト東 …
  5. 2020-12-27

    感染予防対策にも求められる効率化 @CareTEX 大阪

    展示会名:第5回 CareTEX(ケアテックス)大阪 2020 会期:2020年11月18日(水)…
今後1~3カ月に開催予定の展示会を過去記事で紹介しています。
ページ上部へ戻る