リアルイベント運営管理システム『Event Bundle(イベントバンドル)』【オンラインツール】

 
  • 2020/10/30

無料プランも用意し小型イベントにも対応
VividWorks(東京都杉並区)

 イベント運営支援のVividWorks(東京都杉並区)は、リアルイベントの運営管理を支援するウェブサービス『Event Bundle(イベントバンドル)』を発売した。基本情報を登録するとスマートフォンに対応したイベント公式サイトが自動生成され、会場や開催日時が決まっていれば即日集客を開始できる。申込者管理や来場者データ集計のほか、事前に来場者にQRコードを発行し、受付でスキャンすれば非対面で入場させることができる。

 来場者数が5000人を超える大型イベントの支援を想定するが、新型コロナの影響から、合同企業説明会、就職イベント、セミナー、演奏会など、小型のイベントが多い。利用料金は一部機能制限がある無料プランとProプラン4万8000円、機能制限がないエンタープライズプラン10万円の3種類を用意する。最大450万円までIT導入補助金適用の利用が可能で、申請サポートも行う。有料イベント開催の場合は、初回のみ決済代行会社の審査が必要になる。

 リアルイベントの場合、予算は開催規模に比例して増加するが、システム費用は規模による変動幅が少ない。そのため数百人規模のオンラインイベントでは、売り上げに対するシステム利用料の負担が大きく、これまで主催者の負担となっていた。「Event Bundle」は主催者の費用を軽減することを目的に開発された。


おすすめの記事
ドキュメントのスライドショー表示も好評【オンライン営業ツール】

吉葉昭子吉葉 昭子
東京都八王子市在住。ネット黎明期のメディア制作会社などを経て、フリーライターに。オーガニック業界誌、地域情報媒体、旅行ガイドブックなどで執筆。企業SNS投稿代行も行っている。趣味は和太鼓。

関連記事

最近の記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る