学会、国際会議の今後【トップに聞く】コンベンション リンケージ 平位 博昭代表

 
  • 2020/10/6

コンベンション リンケージ(東京都千代田区)
平位 博昭代表

LINKAGEグループ代表
コンベンションリンケージ代表取締役
イベント&コンベンションハウス取締役


当面はリアルとオンラインのハイブリットが軸
MICE需要、中長期的には上振れる

 医学会や、国際会議の運営を主催者から任されるPCOの国内大手、コンベンションリンケージ(東京都千代田区)のグループ代表、平位博昭代表は「ビジネスイベントの需要の落ち込みは一過性のもの」と話す。学会主催者の要望も、夏頃を境に、オンライン開催から、リアルとオンラインを共催するハイブリット型に移行しているという。

―新型コロナウイルスの感染拡大以降、医学学会や、国際会議がオンライン開催に切り替わり、「手軽に参加しやすくリアルよりも良い」という意見が多いと聞く。実態はどうか

 新型コロナの感染が拡大してから、多くの学会・国際会議がオンラインに切り替わった。手軽に参加でき、リアルよりも高く評価する人が多かったのも事実だ。だが、夏頃から、会議主催者から我が社に寄せられる要望の中心はオンラインとリアルを組み合わせたハイブリットでの開催だ。今はその対応で社内は忙しい。

  
       

この先、会員限定エリアです
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

【PR記事】栄彩の木工レンタルブース
【PR記事】栄彩の木工レンタルブース

【PR記事】サーマルカメラ.tokyo
【PR記事】サーマルカメラ.tokyo
 

最近の記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る