憲法裁判所が政府のコロナ対策の一部を違法と判断 @オーストリア・ウィーン【9月10日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

 
  • 2020/9/16
▲記者会見に臨むルドルフ・アンショ―バー保健相

外出禁止令・営業禁止の違反者への罰則を撤回

 欧州で再び新型コロナウイルスの感染者数が増加している中、オーストリアではコロナ対策の合法性が話題になっている。ことの発端は7月終わりのオーストリア憲法裁判所の発表だ。政府が実施した外出禁止と店舗の閉鎖措置に対し、裁判所が一部違法との判決を下したのである。

 同施策を担当したのは保健省だ。今回の措置は「外出禁止令」に相当するものだったが、裁判所は「今回のような外出禁止令は、特定の場所への入場を禁止する効力はない」と判断。400平方メートル以下の小売り業用のスペースのみ開店を許可したことに対しても、差別にあたるとして違法と判断された。

 こうした裁判所の判断を受けて保健省大臣は記者会見を開き、政府の非を認める発表を行った。現在、同措置の違反者に対する訴訟手続きも行われていたが、全て停止されることが発表された。既に違反者が支払った罰金にについても、払い戻しが検討されている状況だ。

  
       

この先、会員限定エリアです
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

【特集】新型コロナウィルスがイベント、展示会産業に与えた影響

Yukari S.
オーストリア、ウィーン在住フリーライター。ウィーンとパリを拠点に、欧州におけるフランス語、英語圏の文化、経済、産業、政治、環境リサイクル分野での執筆活動、政策調査に携わる。専門は国際政治、軍事、語学。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る