第6回 “偶発性”を欠く中でコミュニティをどう維持するか[世界のイベント会場を歩く]

 
  • 2020/9/23

「海外の展示会を歩かせたら、日本で3本の指に入る(かも)」と豪語する、コムエクスポジアム・ジャパン(東京都港区)の古市優子社長が、年会費を払って参加するカンファレンス「ASCENDANT NETWORK」(アメリカ)を紹介します。

完全招待制有料イベントがオンライン化

 数年前からサブスクのサービスが増えています。動画や音楽、飲食などさまざまジャンルに広がっていますが、イベント市場におけるサブスクとはどんな形が考えられるのでしょうか。今回紹介する「ASCENDANT NETWORK」は、アメリカで行われている有料の完全招待制のカンファレンスです。年会費を支払って参加するカンファレンス、いわばイベント市場におけるサブスクといえるでしょう。

▲マーケティング業界向けの「ASCENDANTNETWORK」は、今年オンラインで開催された

 「ASCENDANT NETWORK 」 はマーケティング業界をターゲットとしたサービスで、年2回のカンファレンスのほか、会員専用の情報サイトがあります。カンファレンスのスピーカーにはIBM やCITI、GAP、Nordstromといったグローバル企業のCMO(最高マーケティング責任者)やCDO(最高デジタル責任者)が参加します。参加するには厳しい審査を通過しなければならないため、一般のマーケターは内容を知ることすらできない非常に敷居の高いイベントになっています。また、専用サイトでは会員同士が情報交換やディスカッションをしていたりするため、会員同士のつながりも非常に強いのが特徴です。1つのイベントに参加するためというより、クローズドコミュニティに参加するために会員になっている、と考えた方が正しいかもしれません。

 今年は新型コロナウイルスの影響を受け、完全オンラインでの開催となりました。新型コロナによって業界にどんな変化が起きたかなど、さまざま議論がもたらされました。このコミュニティは5年以上前から続いており、オンラインになっても大きな障害があるようには感じられませんでした。質の高いメンバーでインプット・アウトプットする場があること自体に、大きな価値があると感じられました。

  
       

この先、会員限定エリアです
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

古市 優子古市 優子
フランスに本社を置く、展示会主催会社の日本法人、コムエクスポジアム・ジャパン社長。

関連記事

最近の記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る