繊維技術アピールのため展示会に出展し続ける石川県【自治体の出展戦略】

 
  • 2020/9/14

かほく市商工会(石川県かほく市)
@東京インターナショナル・ギフト・ショー、JFW Japan Creation

▲「東京インターナショナル・ギフト・ショー」には毎年継続して出展している企業が多いという

出展費は商工会が全額補助

 かほく市商工会(石川県かほく市)がターゲットとしているのは、繊維関連の展示会だ。かほく市は古くから繊維産業が盛んな地域で、ピーク時には約700社の繊維関連会社があった。現在では約70社まで落ち込んだものの、歴史ある地元の繊維技術をPRするためならと、商工会が出展費用を全額補助して企業の展示会出展を支援している。

 4年前からは「東京インターナショナル・ギフト・ショー」と日本最大の繊維総合見本市「JFWJapanCreation」への出展を続けている。前回の「ギフト・ショー」では地元企業11社が出展。織ゴムや平ゴム紐、機能性靴下、ベルトの紐など、繊維技術を生かした商品ばかりだ。商工会の源和宏さんは「石川県の商圏といえば、数年前までは関西寄りだった。しかし、2015年に北陸新幹線が開通してからは関東へ進出意欲も高くなっている。また、以前は下請け仕事が多く業績に波があった企業も、ここ最近は自社ブランドを展開するようになってきた。そうした地元ブランドをアピールしたいというのも、展示会出展を支援する理由の1つだ」と語る。

 自社ブランドを立ち上げているのは繊維関連企業だけではない。商工会メンバーである板金加工会社も、最近は自社の技術を生かしてアクセサリーの製造も展開するようになった。「地元の繊維業は市場変化による影響から下請け脱却の機運が高まった。こうした流れは製造業も同じ」と源さんは語る。

おすすめの記事
環境技術PRのため「エコプロ」に出展【自治体の出展戦略】岡山県

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る