繊維技術アピールのため展示会に出展し続ける石川県かほく市【自治体の出展戦略】

 
  • 2020/9/14

かほく市商工会(石川県かほく市)
@東京インターナショナル・ギフト・ショー、JFW Japan Creation

▲「東京インターナショナル・ギフト・ショー」には毎年継続して出展している企業が多いという

出展費は商工会が全額補助

 かほく市商工会(石川県かほく市)がターゲットとしているのは、繊維関連の展示会だ。かほく市は古くから繊維産業が盛んな地域で、ピーク時には約700社の繊維関連会社があった。現在では約70社まで落ち込んだものの、歴史ある地元の繊維技術をPRするためならと、商工会が出展費用を全額補助して企業の展示会出展を支援している。

 4年前からは「東京インターナショナル・ギフト・ショー」と日本最大の繊維総合見本市「JFWJapanCreation」への出展を続けている。前回の「ギフト・ショー」では地元企業11社が出展。織ゴムや平ゴム紐、機能性靴下、ベルトの紐など、繊維技術を生かした商品ばかりだ。商工会の源和宏さんは「石川県の商圏といえば、数年前までは関西寄りだった。しかし、2015年に北陸新幹線が開通してからは関東へ進出意欲も高くなっている。また、以前は下請け仕事が多く業績に波があった企業も、ここ最近は自社ブランドを展開するようになってきた。そうした地元ブランドをアピールしたいというのも、展示会出展を支援する理由の1つだ」と語る。

 自社ブランドを立ち上げているのは繊維関連企業だけではない。商工会メンバーである板金加工会社も、最近は自社の技術を生かしてアクセサリーの製造も展開するようになった。「地元の繊維業は市場変化による影響から下請け脱却の機運が高まった。こうした流れは製造業も同じ」と源さんは語る。

おすすめの記事
環境技術PRのため「エコプロ」に出展【自治体の出展戦略】岡山県

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

今後の展示会おさらい

  1. 2020-3-31

    差別化商材探す個人店主 @ミートフードEXPO・焼肉ビジネスフェア

    展示会名:ミートフードEXPO・焼肉ビジネスフェア 2020 会期:2020年1月22日(水)・2…
  2. 2020-2-15

    半導体市場は停滞から反転の兆しあり @SEMICON Japan

    展示会名:第43回 SEMICON Japan 会期:2019年12月11日(水)~13日(金) …
  3. 2020-12-27

    感染予防対策にも求められる効率化 @CareTEX 大阪

    展示会名:第5回 CareTEX(ケアテックス)大阪 2020 会期:2020年11月18日(水)…
  4. 2020-4-2

    不動産、民泊への関心高まる @資産運用EXPO

    展示会名:第3回 資産運用EXPO 会期:2020年1月23日(木)~25日(土) 会場:東京ビッ…
  5. 2019-3-25

    海外バイヤー ニッチ食材にも注目 @ FOODEX JAPAN

    展示会名:FOODEX JAPAN(第44回 国際食品・飲料展) 会期:2019年3月5日(火)~…
今後1~3カ月に開催予定の展示会を過去記事で紹介しています。
ページ上部へ戻る