北陸新幹線開通後の観光需要を見据える福井県あわら市【自治体の出展戦略】

 
  • 2020/9/21

あわら市商工会(福井県あわら市)
@スーパーマーケット・トレードショー

▲ブランド米の『いちほまれ』を使用した甘酒

出展費は商工会が全額補助

 あわら市商工会(福井県あわら市)は地元の特産品をアピールするため、2015年から大規模展示会への出展を開始した。同年に市の特産品ブランド『越前あわらブランドa』を立ち上げたことがきっかけだ。

 当初出展していたのは「グルメ&ダイニングスタイルショー」だ。小売り大手のバイヤーが多数来場したが、取引量が合わず成約しないことも多かった。商工会の大塚稔さんは「地元の企業は家族経営や従業員10人未満の小規模な会社が多く、大手が求めるような大量生産に対応できない。まずは少量で取引できる小売店を探したい」と語る。新たな取引客を求めて、今年初めて「スーパーマーケット・トレードショー」に出展した。

 あわら市は福井県の北部に位置しており、寒暖差が激しい。酒井丘陵と呼ばれる肥沃の土地ではフルーツや野菜の栽培が盛んだ。出品した商品は甘酒やトマトジュース、いちごジャム、鯖ずしなど6社の商品。中でも、ブランド米の「いちほまれ」を使用した甘酒は、甘味が強いとバイヤーから好評だという。

 出展費用は国からの補助金を使って全て商工会が負担している。「3年後に北陸新幹線の金沢〜敦賀駅間が開通するのを契機にもっと多くの人に特産品を買ってもらうため、今からPRをしている」と大塚さんは語る。


おすすめの記事
棚田の後継者を見つけたい島根県【自治体の出展戦略】

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

今後の展示会おさらい

  1. 2020-12-27

    感染予防対策にも求められる効率化 @CareTEX 大阪

    展示会名:第5回 CareTEX(ケアテックス)大阪 2020 会期:2020年11月18日(水)…
  2. 2020-2-15

    半導体市場は停滞から反転の兆しあり @SEMICON Japan

    展示会名:第43回 SEMICON Japan 会期:2019年12月11日(水)~13日(金) …
  3. 2020-3-31

    差別化商材探す個人店主 @ミートフードEXPO・焼肉ビジネスフェア

    展示会名:ミートフードEXPO・焼肉ビジネスフェア 2020 会期:2020年1月22日(水)・2…
  4. 2020-4-2

    不動産、民泊への関心高まる @資産運用EXPO

    展示会名:第3回 資産運用EXPO 会期:2020年1月23日(木)~25日(土) 会場:東京ビッ…
  5. 2019-3-25

    海外バイヤー ニッチ食材にも注目 @ FOODEX JAPAN

    展示会名:FOODEX JAPAN(第44回 国際食品・飲料展) 会期:2019年3月5日(火)~…
今後1~3カ月に開催予定の展示会を過去記事で紹介しています。
ページ上部へ戻る