北陸新幹線開通後の観光需要を見据え【自治体の出展戦略】福井県

 
  • 2020/9/21

あわら市商工会(福井県あわら市)
@スーパーマーケット・トレードショー

▲ブランド米の「いちほまれ」を使用した甘酒

出展費は商工会が全額補助

 あわら市商工会(福井県あわら市)は地元の特産品をアピールするため、2015年から大規模展示会への出展を開始した。同年に市の特産品ブランド「越前あわらブランドa」を立ち上げたことがきっかけだ。

 当初出展していたのは「グルメ&ダイニングスタイルショー」だ。小売り大手のバイヤーが多数来場したが、取引量が合わず成約しないことも多かった。商工会の大塚稔さんは「地元の企業は家族経営や従業員10人未満の小規模な会社が多く、大手が求めるような大量生産に対応できない。まずは少量で取引できる小売店を探したい」と語る。新たな取引客を求めて、今年初めて「スーパーマーケット・トレードショー」に出展した。

 あわら市は福井県の北部に位置しており、寒暖差が激しい。酒井丘陵と呼ばれる肥沃の土地ではフルーツや野菜の栽培が盛んだ。出品した商品は甘酒やトマトジュース、いちごジャム、鯖ずしなど6社の商品。中でも、ブランド米の「いちほまれ」を使用した甘酒は、甘味が強いとバイヤーから好評だという。

 出展費用は国からの補助金を使って全て商工会が負担している。「3年後に北陸新幹線の金沢〜敦賀駅間が開通するので、今からPRをしている」と大塚さんは語る。

おすすめの記事
https://ev-news.jp/?p=39383
国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

最近の記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る