100人以上が同時参加できるバーチャルイベントシステム 【オンラインツール】

 
  • 2020/10/9

会場案内図をベースにしたデザイン
しくみ製作所(札幌市)

 しくみ製作所(札幌市)は、100人以上が参加するイベントをオンラインで開催するサービス『reBako(リバコ)』を9月7日に発売した。主催者と参加者が、バーチャル空間で、ビデオチャットを通じてコミュニケーションをとることができる。展示会や就職合同説明会の主催者から10件以上の相談が寄せられている。

 バーチャルイベント会場には椅子、テーブル、ステージ、ブースを自由に配置できる。テーブルに着席する主催者と参加者はビデオチャットで交流し、だれが何人着席しているか、画面で確認できる。セキュリティに配慮し、テーブルに着席制限をかけることもできる。画面のデザインはイベント会場で配布される会場地図をイメージし、ブースには、企業ロゴや社名が入ったパネルを設置できる。

 利用料金は通常プランの場合、参加人数×時間×600円(1人当たりの参加費)で算出する。100人が参加する4時間のイベントの場合、24万円となる。開催したイベントの詳細について、サイトへの掲載など、『reBako』利用実績の公表が可能な場合は、1人当たりの参加費が500円になる。


おすすめの記事
同時接続少ない企業に有利な価格設定【オンライン営業ツール】

吉葉昭子吉葉 昭子
東京都八王子市在住。ネット黎明期のメディア制作会社などを経て、フリーライターに。オーガニック業界誌、地域情報媒体、旅行ガイドブックなどで執筆。企業SNS投稿代行も行っている。趣味は和太鼓。

関連記事

【PR記事】栄彩の木工レンタルブース
【PR記事】栄彩の木工レンタルブース

【PR記事】サーマルカメラ.tokyo
【PR記事】サーマルカメラ.tokyo
 

最近の記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る