音声の自動記録、名刺交換、共有メモ機能【オンライン営業ツール】

 
  • 2020/9/25

会議より商談に特化したツール
Bloom Act(東京都中央区)

▲ワンルーム4人まで参加でき、ルーム数によって料金は変わる

 Bloom Act(東京都中央区)は、オンライン営業・商談に特化したブラウザ上で使用するツール「B-Room」を販売する。会議よりも商談に特化し、1ルーム4人まで参加できる。名刺交換やポインター、議事録として活用できる音声の自動記録、録画など、商談を進める機能をそろえている。

 記載内容をそのままデータ送信できるホワイトボードや共有メモの機能があり、資料共有ではゲストもページをめくることができる。画質は4段階の選択式なので、電波状況に合わせて画質調整が可能だ。

 音声の自動記録による議事録の作成は、営業報告書作成やエビデンスが残る点から好評で、録画機能は、商談の振り返りや、新入社員の研修に利用されている。月額3万5000円から利用でき、ルーム数によって料金が変動する。

 2019年6月に発売し、一般企業の営業職や、税理士、社労士などの会計事務所で利用されている。新型コロナ以降、会計事務所がオンライン営業・相談へ移行したことから、問い合わせ数が増加した。採用目的のために検討する企業も多い。

 20年5月以降、大手企業からの問い合わせが増え、オンライン会議ツールと商談に特化した製品を使い分ける企業が増えた。セキュリティ水準が高い大手企業などでは、アプリをパソコンにインストールするより、ブラウザで使用するツールを好む傾向があるという。


おすすめの記事
Zoom、V-CUBE、YouTubeLiveなどに対応【オンライン営業ツール】

澤田りよ澤田 りよ
大学卒業後、国内重工メーカーに入社。海外営業を5年間担当し、外資メーカーへ。国内外のプロジェクトに関わった後、2017年に独立。研修講師、企業コーチング、一般社団法人副代表を務めながら、19年より本紙記者も務める。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る