就職説明会も様変わり 4割の学生がオンラインだけで内々定

 
  • 2020/9/3

 企業の採用活動が一変している。採用支援サービス大手のマイナビ(東京都千代田区)が2021年3月に卒業を予定する学生に行ったアンケートによると、43%の学生がオンラインだけで内々定を得たことがわかった。昨年までは、一部の企業が海外に住む学生向けにオンラインの仕組みを使用していたが、対面による面談を行わず採用を行う事例はほぼなかった。新型コロナウイルスの感染拡大により、企業の活動様式が一気に変わりつつある実態が、採用の現場でも明るみになった。

▲リアル開催した会場の講演は、オンラインでも同時配信された

マイナビ、今期6割のリアル就職説明会を中止

 マイナビは今期、ウェブ版の合同説明会を8回開催する。1回の開催で集まる学生の数は最大で4万~5万人、参加企業数は260社に達する。前期は、参加学生が2万人、参加企業数が140社程度だった。倍増に近い伸びだが、参加企業の申し込みの大半を新型コロナウイルスの感染が広がる前に終えていたため、来年度以降参加を求める企業の数はさらに増える可能性が高い。

  
       

この先、会員限定エリアです
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る