変わらないイベントの定義【記者の目】

 
  • 2020/9/3

 時間と場所を複数の人が共有すると、イベントが成り立つ。「広州交易会」は、出展者と訪問者を同時にサイトに呼び込むため、特定の時間に訪問者を集める仕掛けとして、ライブ配信を使った。仮想空間だったとしても、同じ場所で同じ時間を過ごすことにより連帯感を味わうことができる。自粛期間中、深夜2時に起きた小学生の息子が、ゲームメーカーが仕掛けた新シーズンの発表を通知するイベントに、世界中のプレイヤーと参加していた。彼らにとって、それは随分前から常態のようだった。


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る