食文化を基軸にしたまちづくり【自治体の出展戦略】三重県志摩市

 
  • 2020/9/8

志摩市政策推進部(三重県志摩市)
@ エコプロ

▲「地域資源の活用推進や漁業者による資源管理型漁業の推進などを通じ、食のブランドを守ることがSDGsにつながる」(平賀智司さん)

 志摩市政策推進部(三重県志摩市)は、2019年「エコプロ」に初出展した。前年、国から「SDGs未来都市」に選定されたのがきっかけだ。SDGsは、持続可能な開発目標だ。「SDGs×地方創生」コーナーで、食文化を未来につなぐ街づくりをPRした。

 志摩市はかつて、アワビ、サザエ、エビなどの高級海産物を朝廷に納めていたことから、御食国(みけつくに)と呼ばれた。経済面では食文化を体験できる観光、環境面では豊かで美しい沿岸環境の再生、社会面では世界文化遺産への登録を目指し、環境問題や超高齢化などの課題解決を打ち出す都市が多い中で、一線を画した。

 16年に開催された先進国首脳会議(伊勢志摩サミット)では、伊勢神宮に代表される日本の伝統文化を世界にPRできることが選定の理由となった。メイン会場の賢島が本土と2本の橋のみでしかアクセスできない交通規制のしやすも好材料となった。「日本ジビエサミット」「ツーリズムEXPOジャパン」にも出展する。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
県、市、振興公社が共同でブース運営【自治体の出展戦略】山形県山形市

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

最近の記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る