パリの日本文化発信基地「エスパス・ジャポン」の今 @フランス【8月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

 
  • 2020/8/8

ロックダウンで急遽イベント延期されるも、来年の予約は盛況状態

▲エスパス・ジャポン(Espace Japon )と呼ばれる日本の文化センターは、日本文化に精通するフランス人によって設立された

 フランス・パリにある日本専門の文化センター「エスパス・ジャポン(Espace Japon )」は、パリ在住の日本人なら知らない人はいないといわれるほど広く親しまれる施設だ。経営しているのは、日本語新聞「OVNI」を発行しているイリフネ社。施設には小規模なギャラリースペースがあり、生け花や折り紙、書道、日本料理など日本の文化に関する展示会やイベントが定期的に開かれている。併設されたカフェでは日本食も提供されており、まさにパリにおける日本文化の発信基地である。今回は、そんなエスパス・ジャポンが新型コロナウイルスによってどのような影響を受けたのか、取材した。

 フランスは欧州の中でも感染被害が大きかったため、ロックダウンの実施や警察によるパトロールの実施、罰金制度の導入など、厳格な措置が取られていた。これにより、通常は一年前から予約が入るほどの人気を誇るエスパス・ジャポンのギャラリースペースも全てのイベントが中止。また、ロックダウンの実施が急に発表されたため、当時開催中だった展示会も即時中止となり、主催者は日本へ急遽帰国するなど、混乱を招いたという。

  
       

この先、会員限定エリアです
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

【特集】新型コロナウィルスがイベント、展示会産業に与えた影響

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る