仏最大級の農業見本市が中止 @フランス【10月15日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

 
  • 2020/10/18

夏以降の新型コロナ感染者増を受けて 昨年来場者数は約60万人

 フランス・パリで毎年2月に開催されている国内最大級の農業見本市「Salon de l’Agriculture」が新型コロナウイルスの影響により中止されることが発表された。来年2月22日から29日まで開催される予定だったが、フランス国内で夏以降も感染者が急増していることから、中止に踏み切った形だ。

 この農業見本市は国を挙げてのイベントといわれるほど大規模なもので、毎年多数の人が訪れる。2019年には1週間の開催期間中に60万人以上が来場した。見本市では出品された農業製品のコンクールも行われ、受賞した製品には専用のラベルが提供され、売上を伸ばすことも多い。コンクール自体の中止はまだ発表されていないが、国内では動揺が広がっている。

  
       

この先、会員限定エリアです
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

関連記事

【PR記事】サーマルカメラ.tokyo
【PR記事】サーマルカメラ.tokyo
 

最近の記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る