7月末で失業特別給付金が終了 @アメリカ・NY【7月28日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

 
  • 2020/8/3
▲礼拝をウェブ会議アプリ『Zoom』で行う教会も増えているようだ

感染者数が急増 400万人を突破

 アメリカで新型コロナウイルスの感染者数が急増している。7月8日には感染者数が300万人を突破したと発表されたが、その後わずか2週間で400万人を超える事態となった。21日にはトランプ大統領が約1カ月ぶりにコロナに関する会見を行い、「状況が良くなる前に、さらに悪化するだろう」とコメント。23日付のCNNでは医療関係者の間で2度目のシャットダウンを求める声が高まっていると報道された。

 ニューヨーク州では7月21日から、感染が拡大している31州からの渡航者に対し、2週間の検疫期間を要請している。対象となるのは、過去7日間の感染症検査の陽性率の平均が10%以上となる州だ。累計感染者数が急増していることで、緊張感が増している。

7月末で失業特別給付金が終了
NY市は家賃問題の仲裁に介入する意向を明らかに

 一方で、経済的な不安も増している。アメリカでは失業者を対象に一律で週$60(約6500円)を支給する特別給付金がコロナ経済対策法(CARES ACT)の一環として行われていたが、7月末で終了となる。そのため、8月以降に家賃支払いに支障が出る人が増えるのではないかと懸念されている。

  
       

この先、会員限定エリアです
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

【特集】新型コロナウィルスがイベント、展示会産業に与えた影響

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る