県、市、振興公社が共同でブース運営【自治体の出展戦略】山形県山形市

 
  • 2020/7/22

山形県企業振興公社(山形県山形市)
@ 機械要素技術展

▲「以前は同じ地域でありながら交流がなかったが、展示会を通じて地域や企業同士のつながりができた」(奥山泰宏さん)

 「機械要素技術展」の山形県パビリオンには、24社が出展した。山形県企業振興公社ものづくり振興部、山形県商工労働部工業戦略技術振興課、山形市商工観光部雇用創出課、村山市商工観光課企業誘致対策係という4つの組織が出展企業を集め運営にあたった。今年と同じ規模で出展した昨年は、商談成立したのが10件、金額では1000万円ほどの取引額につながった。展示会以外にも商談会を実施し、県内で2回、東京で1回開催する。

 「以前はこの展示会内でそれぞれ個別に出展していたが、来場者から山形県関連のブースが散らばり分かりづらいと指摘を受けた。3年前から県と市と商工会が共同出展を始めた」(奥山泰宏さん)

 山形県の製造業は、機械加工業が多く、鍛造、鋳造、切削、表面処理、プレスなどのものづくり基盤技術を持つ企業が集まる。東北中央道の建設が進み、19年は福島から山形につながるルートが開通した。関東から山形まで陸路の利便性が向上し、都心からの引き合い増を見込む。トヨタなど大手製造業子会社の進出も進む。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
瀬戸内レモンに続く新商品のブランド構築【自治体の出展戦略】広島県

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る