初のオンライン商談は台湾企業【オンライン営業】

 
  • 2020/8/11
▲価格や販売方法の交渉も容易に台湾ではえごま油の人気が高く、健康を意識する人に日本産が支持されるという

価格や販売方法の交渉も容易に

 食品製造販売の東商事(秋田県大仙市)は、秋田県産食品の台湾販路拡大を目指す、県の施策を使い初のオンライン商談を行った。台湾の食品輸入会社が、えごま油に興味を持ち、商談に至った。商談の前に商品と見積もりを送付し、当日は日本国内の輸送費削減や、ロット数、台湾での販売方法など、具体的な内容を話し合った。梱包方法においては、ガラス瓶からPET袋へ変更を求められたが、ブランディングの一部であることを伝えた。対面では言いづらいことや価格について、率直な意見交換ができたという。対等な立場で双方が納得できる落としどころを探ることができた。一方、通信状況が不安定だと音声が途切れ、先方の興味を引けないと、一方的な商品説明になってしまうことがデメリットだという。

 商材の多くが嗜好品で、空港、駅、土産店での販売が大部分を占めることから、新型コロナの影響で、販売量は激減した。交通費などを削減できるため、また機会があればオンライン商談を実施したい。


おすすめの記事
開業準備をオンラインで支援 遠方の新規顧客との商談にも活用【オンライン営業】コトスタイル

吉葉昭子吉葉 昭子
東京都八王子市在住。ネット黎明期のメディア制作会社などを経て、フリーライターに。オーガニック業界誌、地域情報媒体、旅行ガイドブックなどで執筆。企業SNS投稿代行も行っている。趣味は和太鼓。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る