来場者だけの展示会開催 @PHASE(フェイズ)

 
  • 2020/7/13
展示会名:PHASE(フェイズ)
会期:2020年6月1(月)~5日(金)
会場:有明物流センター
主催:SUPER PENGUIN(東京都品川 区)
出展社数:12社
来場者数:444人
出展者層:雑貨メーカー
来場者層:小売り流通業、展示会関係 者、自治体

▲来場者だけが集まる展示会には、展示会や自治体関係者が多く訪れた

会場には出展者不在オンラインで商談も

 展示会ブースデザインのSUPER PENGUIN(スーパーペンギン・東京都品川区)が、出展者の担当者がいない、来場者だけが集まる展示会を開催した。雑貨メーカー12社が出展し、来場者は5日間で444人だった。「リアルイベントの代替策としてオンライン展示会が増えている。だが、ウェブサイトの焼き増し以上のものは少ない。ブース施工会社にとっては仕事も生まれない。実物を見たいというバイヤーも多いため、来場者のみが集まる展示会を考えた」(竹村尚久社長)

▲出展企業は主催のSUPER PENGUINが声をかけた既存顧客だった。Zoomを使って、来場者と商談をする出展者もいた

 これまで取引のあった企業に出展を呼びかけたところ、1日で12社の出展が決まった。出展費用は試験開催のため請求せず、商品の送料のみ出展者が負担した。バイヤーに対する来場呼びかけは出展者がそれぞれ行った。

 ブースには展示物のほかにタブレットPCが用意され、出展者とはウェブ会議ツール「Zoom」を使用し、リアルタイムでコミュニケーションを図れるようにした。商品説明のための動画を流した出展者が9社あり、2社がプロモーション動画を流し、1社が常時オンラインで参加した。来場者の反応が良かったのは、3分ほどの説明動画を流し、必要に応じて説明した本人がオンラインで対応する方式だった。

食品系展示会主催者の関心大

▲SUPER PENGUINの竹村尚久代表は「半オンライン・半リアル展示会という新たなスタンダードが生まれれば」と話した

 来場者の割合はバイヤー2割、展示会関係者が8割。雑貨系展示会の主催者をはじめ東京ビッグサイト、東京ドームなど会場運営者、地方自治体の担当者が視察に訪れた。食品系展示会の主催者から多くの相談があったという。「試食はオンラインではできない。展示会で出会った後、食品サンプルを送付するというのが現実的ではないか。展示会関係者が多かったのも狙い通りだ」(竹村社長) 


おすすめの記事
「CEATEC」「JASIS」が採用 ウェブ展示会を開催するプラットフォーム【オンライン展示会】

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る