マレーシアで第3波到来 クアラルンプールもロックダウン @マレーシア【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

 
  • 2020/10/26
▲筆者自身、濃厚接触の疑いがあるとされ、14日間はアプリ経由で健康状態を送信しなければならないとされている

ボルネオ半島サバ州での選挙活動がきっかけ ムヒディン首相も濃厚接触者に認定

 マレーシアに新型コロナウイルスの第3波が到来している。クアラルンプールをじめ、セランゴール州、行政新首都のプトラジャヤも10月14~27日までエリアロックダウンされることが決定した。

 発端となったのは9月下旬にボルネオ半島のサバ州で行われた選挙活動だ。感染抑制のために政府が定めた標準運用手段(SOP)が遵守されておらず、また同時期にクラスターが発生したことから感染が拡大した。投票のためにサバ州を訪れた州外の人々が移動し、マレー半島でも一気に277人が感染する事態となった。新規感染者数は日を追うごとに増加し、10月5日には432人、6日には691人と、前回のロックダウン以降で最多となる数を記録した。サバ州を訪れていた閣僚がPCR検査を受けずにマレー半島に戻り、その後陽性が発覚したことで、ムヒディン首相も濃厚接触者に認定。14日間の自宅隔離措置を受けリモートで公務にあたる事態にも発展した。サバ州では13~26日まで州全体をロックダウンすることを決定し、他州からの出入りは禁止となっている。

  
       

この先、会員限定エリアです
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

【特集】新型コロナウィルスがイベント、展示会産業に与えた影響

関連記事

【PR記事】サーマルカメラ.tokyo
【PR記事】サーマルカメラ.tokyo
 

最近の記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る