新規顧客からも受注【オンライン営業】スギノマシン

 
  • 2020/7/8
▲「異なる事業所にいるスタッフが参加できるのも良い」と話す杉野岳副社長

必要に応じて人が出入りできることがメリット

 高圧ジェット洗浄装置など、製造業向けに工作機械を製造販売するスギノマシン(富山県魚津市)は、4月末にオンライン商談を取り入れた。顧客の多くがテレワーク、時差出勤、交代勤務を採用し始めたのがきっかけだ。それまで、対面での営業活動が大半だったため、オンラインでもきめ細かい商談ができる体制を目指した。

 「持ち運びできない商材や資料を見せることができ、我々の側も顧客の側も、必要に応じたメンバーが出入りできる」と杉野岳副社長はメリットについて話した。これまで取引がなかった新規顧客とも契約がまとまり、樹脂の形状加工に使う切断装置や、金属端面のシール加工機械などを販売した。一方で、顧客の現場状況を確認できないことは、訪問に比べるとやりにくさを感じるということだ。

 今後もテレワークが定着すると見込み、オンライン商談を継続する。スギノマシン自体も時差出勤、交代勤務、営業拠点は在宅勤務を採用し、オフィスへの出社や、国内外の出張も最低限にとどめているという。


吉葉昭子吉葉 昭子
東京都八王子市在住。ネット黎明期のメディア制作会社などを経て、フリーライターに。オーガニック業界誌、地域情報媒体、旅行ガイドブックなどで執筆。企業SNS投稿代行も行っている。趣味は和太鼓。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る