インテックス大阪 施設利用料、2020年度は半額

 
  • 2020/7/21
▲密集の回避策として、会場を追加で借りた主催者もいるという

大阪市が助成

 インテックス大阪の施設利用料を、2020年度に限り半額にすることを、6月18日、大阪市が発表した。展示会や大型会議といったMICE産業のもたらす経済効果が、大阪市に与える影響の大きさに着目したものだ。新型コロナウイルスの感染対策で、備品の購入、スタッフの増員、パンフレットの刷り直しなど主催者側の費用負担が大きくなっていることから、既存顧客への支援という側面が強い。インテックス大阪によると、感染拡大対策から密集を避けるために、会場を追加予約した主催者もいるという。


おすすめの記事
日本能率協会 事前予約者だけ入場認める方針「関西ホテル・レストラン・ショー」

国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る