東京ビッグサイト 利用制限期間中の最大収容人数を発表

 
  • 2020/6/12

 東京ビッグサイト(東京都江東区)が、6月10日に発表した「新型コロナウイルス感染防止のための対応指針」の中で、イベント開催制限期間中の最大収容人数を発表した。展示会の場合、来場者が頻繁に出入りを繰り返すため、これまで最大収容人数は設定されていなかった。だが、緊急事態宣言の全面解除に併せて政府が発表したイベントの再開工程表の中で、参加者人数を最大収容人数の50%まで認める内容を記したことから、最大収容人数を設定する必要が生じた。

 制限期間中の最大収容人数は以下の通り。西展示棟1、2ホールがそれぞれ4850人、3ホールが2550人、4ホールが6840人、南展示棟は1~4ホールともそれぞれ2750人、青海展示棟がA・Bそれぞれ6350人だ(表参照)。東京ビッグサイト内の会議室や、TFTビル、タイム24ビルの各施設についても最大収容人数が発表された。一方で、東展示棟は、現在一般向けに貸し出されていないことから、発表はなかった。


この先、会員限定記事です
       
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

【特集】新型コロナウィルスがイベント、展示会産業に与えた影響

国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る