水素技術を日本でアピール SINTEF(ノルウェー)、Nel(ノルウェー) @水素・燃料電池展

 
  • 2020/7/30

SINTEF(ノルウェー)、Nel(ノルウェー)
@ 水素・燃料電池展(スマートエネルギーWeek内)

▲5年前から「水素・燃料電池展」に出展している

 ノルウェーの先端エネルギー組織SINTEFと、水素電解装置メーカーのNelは、水素技術をアピールするため、「水素・燃料電池展」(「スマートエネルギーWeek」内)のノルウェーパビリオンで5年前から出展する。天然資源が豊富なノルウェーはエネルギー輸出が産業の1つで、輸出量は天然ガスが世界2位、石油は世界7位だ。国内エネルギー需要の約7倍を輸出する。「日本は国策として『水素社会』の構築を目指しているが、資源に乏しく、急増する水素需要に国内だけでは対応できないと聞き、商機をうかがっている」(STEFFENさん)

 Nelでは取引こそまだないが、商談を毎回重ねている。ブースでは水素燃料で動くフェリーボートについて展示した。海底油田への物資輸送や、液体水素の輸出に使われ、大手商船会社や、重工メーカーの新エネルギー関連の担当者が関心を示した。燃料電池自動車向けに高圧水素タンクを開発するヘキサゴン社は、三井物産とのジョイントベンチャーとして、展示会をきっかけに誕生した。


おすすめの記事
洋上風力発電が本格化[口コミ]@スマートエネルギーWeek 前編

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

最近の記事

今後の展示会おさらい

  1. 2020-2-15

    半導体市場は停滞から反転の兆しあり @SEMICON Japan

    展示会名:第43回 SEMICON Japan 会期:2019年12月11日(水)~13日(金) …
  2. 2019-3-25

    海外バイヤー ニッチ食材にも注目 @ FOODEX JAPAN

    展示会名:FOODEX JAPAN(第44回 国際食品・飲料展) 会期:2019年3月5日(火)~…
  3. 2020-12-27

    感染予防対策にも求められる効率化 @CareTEX 大阪

    展示会名:第5回 CareTEX(ケアテックス)大阪 2020 会期:2020年11月18日(水)…
  4. 2020-4-2

    不動産、民泊への関心高まる @資産運用EXPO

    展示会名:第3回 資産運用EXPO 会期:2020年1月23日(木)~25日(土) 会場:東京ビッ…
  5. 2019-4-10

    リサイクル技術求め行政関係者が来場 @ NEW環境展

    展示会名:NEW環境展 会期:2019年3月12日(火)~15日(金) 会場:東京ビッグサイト東 …
今後1~3カ月に開催予定の展示会を過去記事で紹介しています。
ページ上部へ戻る