青海展示棟の存続決まる

 
  • 2020/6/2
▲東京ビッグサイトと20年12月以降の利用契約を結ぶ主催者の間で、調整が本格化する

ビッグサイト東館が戻るまで

 東京ビッグサイト・青海展示棟の閉鎖が、1年先送りになったことを、複数の展示会関係者が明らかにした。これにより東京ビッグサイト(東京都江東区)は、オリンピックの延期により20年12月以降の東展示棟契約者を移動させるための利用調整を、5月最終週以降本格的に開始した模様だ。

 青海棟は、東棟をオリンピックの開催時に放送センターとして使用することから、展示会等を開催する既存使用者のために代替施設として建てられた。オリンピックの開催が1年延期になったことで、東棟の一般貸し出しがさらに1年延期されたため、展示会業界は青海棟の存続を求めていた。だが、東棟に対して青海棟は3分の1程度の面積にとどまることから、調整は難航が予想される。


おすすめの記事
ビッグサイトの連絡待つ主催 他会場への一部移転も

国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る