シャノン バーチャルイベントのグラフィック制作を外部委託

 
  • 2020/5/18
▲ 3次元のコンピューターグラフィックスでつくったブース。これまでも国土の広いアメリカでは一部で強い需要があった

 バーチャルイベントの開催支援システムを販売するシャノン(東京都港区)が、グラフィック制作の外部委託を始める。バーチャルイベントは、3次元のCGで制作したオンライン上のイベント会場に来場者を集め、展示会やプライベートショーを開催するものだ。

 「インフラの提供に我が社は集中し、クリエイティブ部分を外部企業に委託する。イベント支援会社に受けてもらえれば、通常の代理店手数料以上の額を支払うことができる」(中村健一郎社長)


おすすめの記事
https://ev-news.jp/?p=32986
国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る